ホワイトニング治療のメカニズム

ホワイトニング治療のメカニズムとは?

どのような治療で歯は白くなるのか?

黄色い歯と白い歯の比較

ホワイトニングを行うと、黄色味を帯びた歯が白く変わっていきます。

 

どうしてホワイトニングで歯が白く変化していくのだろうか。

 

ホワイトニングのメカニズムは未だに不確かな要素もたくさんあり、その原理の完全解明にはまだまだ年月が要されるみたいです。

 

現時点では、下記の2つがホワイトニングのメカニズムだと考えられているそうです。

 

  1. 歯の外層に付着した着色物質をホワイトニング剤が分解して白くする。
  2.  

  3. 歯の外層組織をホワイトニング剤がかすかに変えることによって、内側の象牙質の色を隠して白く見せる。

 

それらの原理は完璧に解明されているわけではないですが、ホワイトニング治療を行いつつ歯の色の変化を見ていれば、おおかた錯覚と異なるかと推定され、実際、多数の歯科医に信用されている説であります。当サイトではこれらの説が妥当適切だということを念頭に置いております。

 

この部分に関して、詳しく説明していく予定です。



ホーム RSS購読 サイトマップ