エナメル質の厚みとホワイトニング効果

エナメル質の厚みがホワイトニング効果を左右する!

エナメル質の厚みに関して

前歯の断面図

歯の外層がエナメル質で覆われているというのは前述しましたが、そのエナメル質の厚みはどこにしても同一というわけじゃないです。上の図は、前歯の断面図であります。

 

それを確認すると、歯茎の近くに位置する部分はエナメル質が薄く、歯の先端部に近くなるに従って厚みを増加していることが把握できます。

 

ホワイトニングがエナメル質を対象にした方法であるのなら、そのエナメル質の厚みがホワイトニング効果に影響を及ぼすことになるわけです。

 

エナメル質の厚い歯の先端部はホワイトニングしやすく、歯茎との境目のところはエナメル質の厚みが薄いから、ホワイトニングの効果は少し下がります。

 

そして、歯をガシガシと激しく磨き上げる習慣がある人は、歯の外層のエナメル質が薄れている場合があって、こういう場合にでもホワイトニング効果は下がることになるのです。

 

ですが、エナメル質が厚すぎてもホワイトニングされづらくなるので、歯のエナメル質の厚みによりホワイトニング法を改変していかなくてはいけません。



ホーム RSS購読 サイトマップ