なぜ歯は黄色くなる

歯が黄色くなってしまうのはなぜ?

沈着物質と象牙質の色調

黄色い歯

歯はなぜ黄色のように見えるのだろうか。

 

現代人は、常日頃から大量の着色物質を口に運んでおります。お茶・コーヒー・コーラ・カレー・ビーフシチュー・しょうゆ・ソース等々、挙げたらきりがないです。

 

それらの物質が微量に歯の外層に沈着することで、程度の違いはあっても着色物質の層ができることになりますが、そういった着色物質は普段の歯磨きじゃ落とすことができません。しかも、歯科医院で歯の洗浄を実施しても全ては取り除けないというのが実状であります。

 

日頃から歯をゴシゴシ磨きつづけても、歯の外層のエナメル質が少しずつ薄まり、ゆくゆく黄色味を帯びた内側の象牙質の色が透き通って見えることになって、逆に黄色い歯が現れてしまう恐れもあります。

 

歯のエナメル質は、カルシウムとかリンなどといった無機質から構成されているのですが、この2〜3%は水分・蛋白質でできております。その蛋白質の内に着色物質が行き渡り、エナメル質内層に着色部分が生じます。その着色は、ホワイトニング治療の他に取り除く手段はなく、洗浄のみでは除去することが適いません。

 

歯の色と歯の構造との関係性に関しても解説いたします。

 

歯の構造

 

歯の構造を模式的に描いたというのが上の図になります。

 

歯の外層は「エナメル質」と呼称される頑丈な層となっているのです。カルシウムとかリンをいっぱい含み、虫歯菌から歯を守ってもらっているのです。

 

エナメル質は半透明ですから、外側から見たら、エナメル質の内側に存在する象牙質の色が透き通って見えます。象牙質の色は、個人ごとに違ってきますが、全体を通して黄色味を帯びております。

 

普通は、半透明のエナメル質を通じて内側の象牙質の色を目にしていることに結びつくから、「歯の色が黄色い」といった場合だと、象牙質の色がこの「犯人」ということなのです。

 

その象牙質を脱色して白くしたなら歯は白くなるものですが、実際のところ象牙質を脱色するのは適いません。

 

ホワイトニングというのは、歯の外層のエナメル質に影響を与えて、歯を白くする技術というわけです。



ホーム RSS購読 サイトマップ