髪と服がホワイトニング効果を決める

髪色と服装がホワイトニング効果を左右する?

髪の色とホワイトニング

モノクロの黒髪女性

髪の色においても歯の白さが違って見えることになります。素敵な黒髪は歯の色を輝かせてくれる状況にお気付きでしょうか?黒髪の方と栗色に髪を染めた方だと、歯の外見上の色調に明瞭とした違いが出て、似たような色調の歯であっても、黒髪の方の歯は著しく実際よりも白く感じます。反面、栗色に染めた髪の女性の方々は、歯が実際の色合いと比べて淀んで、暗く見えることになります。

 

テレビドラマとか映画なんかで、何かしらの事件に巻き込まれ、髪はくしゃくしゃとなって、衣類は汚くなって、泣きじゃくっている女性を目にします。その時、髪の色が黒髪の場合と栗色の場合には、外見上の哀れさが驚くほど異なります。当然、女優の演技力により印象に開きが出るのは当然のことではありますけれど、栗色の髪の女性は話をする時にチラッと目にできる歯の色まであせて映り不幸な局面が一層際立ち、目にする人々の涙を誘います。監督はこういったことに気がついているのではないでしょうか?

 

さらに、恋人との仲がいい感じになり、幸福の最高にいるシーンの笑みがアップで撮られたというようなケースだと、女優のスマイルは黒髪により歯の色がもっと輝き、幸福な印象が強烈に感じられてくるのです。

 

こういったふうに、黒髪の女性のホワイトニング治療の明度は、それほど明るすぎない方が良く、栗色の髪の女性は黒髪の女性のと比べて少々明度を引き上げることが求められます。


衣服とホワイトニング

旅行中の女性

あなたは、さまざまな状況の中で色々な色調の洋服を堪能していると思いますが、これもまた歯の色に微妙な影響を及ぼします。あなたが常日頃からどのような色合いの衣類に愛着があるのかに関しても、必要とされる場合ならデンタルアーティストにしっかりと話した方が良いでしょう。

 

通常なら白い上着とか色調の薄い洋服は、歯の色合いを暗く見せます。逆に濃い色の洋服は歯の色との対比がアップするので、歯は白く見えることになります。

 

洋服の色の嗜好は、ホワイトニングの最終局面においての微調整に少しは影響を及ぼします。当然、いろんな色の衣服を着用してオシャレを満喫するということですので、常に白い上着だけしか着用しないというような凄い個性の持主でない限りは、それほど気に留めなくてもいいかもしれないです。

 

ですが、後述することになりますがホワイトニングは必然的に元に戻る変化(可逆変化)が存在しますので、時間の経過とかタッチアップの時期なんかも、かえって化粧とか洋服の色を選択する1つの参考になると思います。



ホーム RSS購読 サイトマップ