ホワイトニング治療

ホワイトニングで発生する少しの活性酸素は無害ですよ!

活性酸素(フリーラジカル)は身体に害はないのだろうか?

活性酸素の文字イラスト

活性酸素は、強い運動とか喫煙、紫外線、大気汚染、老化、ストレスなんかが原因で、日々の様々なシチュエーションで体の中で生じているそうです。さらに、肥満によって増えるともされています。人間は呼吸により酸素を費やす時に活性酸素を生じさせていて、これを酸素によって無毒化しているのです。

 

活性酸素は、癌とか成人病、老化などといった原因となっていると考えられますが、因果関係が明らかになっていないものだって多々あります。

 

活性酸素は、オゾン療法という形で治療目的に使われるケースがあります。活性酸素とオゾンガスの保有する細胞賦活作用と消毒作用なんかが感染症、抜け毛、脳性麻痺なんていったものに優れた効果があったと示されております。抗生物質の普及と共に使われる頻度は減っているんですが、今なおオゾン療法を実施している医療施設が存在します。

 

ホワイトニング治療の時に、活性酸素だというフリーラジカルが生じますが、この量は人体に対し悪影響を及ぼすものじゃありません。生じた活性酸素は、生体内で容易に分解可能である量であります。さらにその大半は生体内じゃなくて大気中で分解されるので、人体への影響はないです。



ホーム RSS購読 サイトマップ